×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

集団的植民地主義

集団的植民地主義とは新植民地主義の一形熊のことで、新植民地主義の 政治、軍事、お金的経済的方法のうち、国連やその専門諸機関、世界銀行、国際通貨基金など)、国連軍あるいはNATO、SEATO、EC、アジア開銀、PICAなどを通じて帝国主義列強が集団的に活動する場合が多く、これを集団的植民地主義と言います。第二次大戦以前もこの形熊はありましたが、戦後は一般性をおびてきました。個々の植民地主義国が全休としてカが弱くなり、また個々別々に正面にでると警戒、反発されることなどからこの種の協力の形態を取るのだと言われています。
非同盟主義とは、異なった社会体制間の平和的共存、民族独立運動の支持、いかなる性格の軍事プロックにも不参加、軍事条約不締結、外国軍隊の駐留と外国軍事基地設置反対の立場を、外交の基本路線とする国を、非同盟国と言います。そこから非同盟主義とは平和共存、反植民地主義、東西の相対立する軍事ブロック不参加を基調とする外交路線のことを言います。インド、エジプト、ユーゴ、スカルノ時代のインドネシア、エンクルマ時代のガーナ、ギニア、タンザニアなどがその中心で、むろん基本内客では一致しながらも、ギニアのように反帝・反植民地主義の旗を高く掲げる国と、インドのようにどちらがといえば親帝的立場をとる題などニュアンスはかなり違っていました。

A・A・L・A

        copyrght(c).A・A・L・A.all rights reserved

A・A・L・A